東京都内から郊外の地へ新築木造住宅を建築、

現在、何とか注文住宅を建てて神奈川県海老名市の国分と言うところに住んでいます。
私自身は現在40歳代で、高校生を筆頭に中学生、小学校6年生と家族5人が一緒に住んでおりますが、新しく住宅ができたことで私ら夫婦を始め子どもたちも大満足で気に入っております。

新しい木造住宅が出来るまでは都内に住んでいて、筆者自身は併せて都内の会社へ勤めていて通勤などは便利であったが、実際の暮らしは数年前までは民間のアパートぐらしで、さすがに子供が三人では手狭になったきたと感じていてのです。

其処で、神奈川県下でもいいから何とか小田急沿線あたりの適当な宅地の分譲や建売住宅を探していたのですが、結果として海老名市の郊外の国分地区で、狭いながらも住宅建築を条件に宅地に分譲が行われていることを知ったのです。

其の土地の開発や土地分譲、其れに建築関係は地元の総合建設業の会社で、土地分譲後2年以内に当社の工務店で木造の注文住宅を建てるという条件付きでした。 従って契約と同時に関連会社の工務店の木造のモデルハウスなどを参考にして、何とか新しい新築住宅を建築し無事入居することが出来たのです。