無理のない範囲でローンを組みました

家を購入する時は、誰でも住宅ローンを組みます。
それも35年などの長期ローンがほとんどです。私は男性で世帯主ですので、住宅ローンを組む役回りを受け持つ事になります。
そのための覚悟をする事が、なかなかできませんでした。
妻にその事を相談すると、「無理のない範囲でローンを組もう」と言ってくれました。
「家賃と変わらない程度の返済なら、プレッシャーやストレスを感じなくて済むよ」と言ってくれたのです。
無理のない範囲の住宅ローンなら、賃貸暮らしの時代と同じ負担で済みます。
住宅ローンを軽くするためには貯金をして頭金をたくさん作る事が必要だと、妻がいい、その日から節約して貯金をするようにしました。
数年でまとまった金額が貯まったので、家探しを始めました。
家探しをしている間も貯金を続けていたので、家を購入する事を決めた時は、かなりの頭金を用意する事ができました。
精神的に弱い私は、たくさん頭金を用意する作戦が良かったと思います。
妻に感謝したいと思います。