家の人感センサー照明もデメリットはある

実家の廊下の照明は、スイッチ式の照明です。ですから、いちいちつけたり消したりが面倒臭くて、自分たちのマイホームは、人感センサーの照明にしたわけです。しかし、人感センサーの照明もそれはそれでデメリットもあったのですよね。

それは、「不必要なときにもついてしまう!」ということです。いや、人感センサーの角度調整にもよるのでしょうけれど、しかしその調整だって面倒です。「そこの廊下の照明は今、つかなくてもいいのー」というときに、どういうわけなのか私の気配を感じ取って、廊下の照明がついてしまうときがありますからね。しかも使っていない向こうの廊下の照明が。

私自身が人感センサーの仕組みがいまいちわかっていませんので、角度調整もできないわけです。旦那にやってもらったことはありますが、旦那も面倒臭いようで微調整は頼みづらい感じです。「そこまで気にならないからこだわる必要ないって」と、言われていますし。

けれど、使っていないところの照明がつくのは、なんとなく気持ちが悪いのですよね。確かに、スイッチを入り切りするより楽ですけれど、しかし人感染センサーの照明にもデメリットはあるということで。